長期にわたり患者さんの健康を支え続けてきた医薬品は、特許が切れた後もその役目を終えることはありません。必要とされる医薬品を、必要としている患者さんの元へ途切れることなくお届けし、そして、それらの医薬品が更に長く医療に貢献できるように成長させていくことが私たちの使命です。

承継は私たちにとってスタートラインです。

 

Our Business

ご挨拶

アスペンジャパンは日本において2013年に設立され、 2015年7月より、主にエッセンシャル・メディスン(必須医薬品)を中心とした 医薬品の販売により事業を開始した医薬品企業です。 更に、2017年7月と9月に、麻酔領域と癌領域の新たな製品を承継し、 取り扱い製品の拡充をいたしました。

高齢化が進み、医療を取り巻く環境が大きく変化するなかで、 エッセンシャル・メディスンは、人々の健康を支え続ける薬として、 これからも重要な存在であり続けると考えています。 私たちは、今後も引き続き、必要な医薬品を安定的に供給できる体制と、 患者さん、医療関係者の皆さまの多様なニーズ、 期待にお応えするための革新的で的確な情報提供体制の強化に挑戦していくことで、 日本の医療に貢献していきます。そして何よりも重要なこととして、 人々の健康に携わる企業として遵守すべき行動規範である、企業倫理を周知徹底し、 「すべての医療関係者の皆さまや患者さんから信頼される会社になる」という 私たちのビジョンの実現を目指していきます。

大切な薬、これからもずっと患者さんの明日を支える アスペンジャパン

アスペンジャパンは、社員一人ひとりが、日本の医療に貢献するという強い使命感を持ち、

すべてのステークホルダーの皆さまから、ベストパートナーとして信頼される会社を目指します。

引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

アスペンジャパン 代表取締役社長
岩本 紳吾

What is “エッセンシャル・メディスン”

エッセンシャル・メディスン(必須医薬品)とは、医薬品の種類を医療上必要性が高いものに絞り、なるべく少ない費用で最大の効果を上げるという理念の元に生まれた医薬品群のことを指します。

×

Ask Speakers

×

Medical Information Request