アスペンについて

for the Next Stage.

長期にわたり患者さんの健康を支え続けてきた医薬品は、
特許が切れた後もその役目を終えることはありません。
必要とされる医薬品を、必要としている患者さんの元へ途切れることなくお届けし、
そして、それらの医薬品が更に長く医療に貢献できるように成長させていくことが私たちの使命です。
承継は私たちにとってスタートラインです。

Our Business

ご挨拶

アスペンは南アフリカ共和国に本社を置き、世界各地に拠点を持つ医薬品企業です。
日本においては、2013年にアスペンジャパンを設立し、2015年7月より、
主にエッセンシャル・メディスン(必須医薬品)を中心とした
医薬品の販売により事業を開始いたしました。
更に、2017年7月と9月に、麻酔領域と癌領域の新たな製品を承継し、
取り扱い製品の拡充をいたしました。
 
高齢化が進み、医療を取り巻く環境が大きく変化するなかで、
エッセンシャル・メディスンは、人々の健康を支え続ける薬として、
これからも重要な存在であり続けると考えています。
私たちは、今後も引き続き、必要な医薬品を安定的に供給できる体制と、
患者さん、医療関係者の皆さまの多様なニーズ、
期待にお応えするための革新的で的確な情報提供体制の強化に挑戦していくことで、
日本の医療に貢献していきます。そして何よりも重要なこととして、
人々の健康に携わる企業として遵守すべき行動規範である、企業倫理を周知徹底し、
「すべての医療関係者の皆さまや患者さんから信頼される会社になる」という
私たちのビジョンの実現を目指していきます。
 
大切な薬、これからもずっと患者さんの明日を支える アスペンジャパン
 
アスペンジャパンは、社員一人ひとりが、日本の医療に貢献するという強い使命感を持ち、
すべてのステークホルダーの皆さまから、ベストパートナーとして信頼される会社を目指します。
引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

What is “エッセンシャル・メディスン”

エッセンシャル・メディスン(必須医薬品)とは、医薬品の種類を医療上必要性が高いものに絞り、なるべく少ない費用で最大の効果を上げるという理念の元に生まれた医薬品群のことを指します。

アスペンジャパン
代表取締役社長
岩本 紳吾

グローバル展開

Global Presence 全世界に60以上の拠点を展開して、
150カ国以上に医薬品・製品をお届けしています。

営業、マーケティング、流通センター

支店・代表事務所

営業、マーケティング、流通センター

製造所

営業、マーケティング、流通センター

支店・代表事務所

支店・代表事務所

営業、マーケティング、流通センター

マーケティングセンター

総合販売・マーケティング流通および製造センター

製造所

支店・代表事務所

支店・代表事務所

支店・代表事務所

総合販売・マーケティング流通および製造センター

営業、マーケティング、流通センター

マーケティングセンター

支店・代表事務所

支店・代表事務所

支店・代表事務所

支店・代表事務所

総合販売・マーケティング流通および製造センター

総合販売・マーケティング流通および製造センター

支店・代表事務所

支店・代表事務所

支店・代表事務所

製造所

総合販売・マーケティング流通および製造センター

グループ本社

営業、マーケティング、流通センター

支店・代表事務所

総合販売・マーケティング流通および製造センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

支店・代表事務所

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

製造所

営業、マーケティング、流通センター

総合販売・マーケティング流通および製造センター

製造所

営業、マーケティング、流通センター

製造所

製造所

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

営業、マーケティング、流通センター

製造所

  • グループ本社グループ本社
  • 総合販売・マーケティング流通および製造センター総合販売・マーケティング流通および製造センター
  • 営業、マーケティング、流通センター営業、マーケティング、流通センター
  • マーケティングセンターマーケティングセンター
  • 支店・代表事務所支店・代表事務所
  • 製造所製造所

アスペングローバルについて

アスペンはグローバル本社を南アフリカのダーバンに置き、医療用医薬品、特に、麻酔薬、抗血栓薬、抗悪性腫瘍薬および乳児用栄養製品を中心とした製品の製造・販売を行っています。

アスペンが本社を置くダーバンの町とは?

インド洋に面する都市ダーバンは、ヨハネスブルク、ケープタウンに次ぐ南アフリカ第3の都市です。アフリカ大陸最大の貿易港「ナタール港」のある港湾都市であるとともに、高級リゾート地としても知られており、海岸沿いには高級ホテルが並んでいます。

アスペンの沿革

History 1850年、創業。160年以上にわたり
世界での実績を積み上げてきました。

WORLD

1850

創業

南アフリカ共和国の
ポート・エリザベスで創業(後にレノン社となる)

1997-2007

Foundation Phase

1997
ヘルスケア事業開始
2001
先発系製薬会社から医薬品を承継
2005
オーストラリアに拠点を設立

1998-2014

Global Expansion Phase

2008
ラテンアメリカ市場へ参入
2009
ドイツに拠点を設立
2013
日本にアスペンジャパンを設立
2013
フランス、イギリスに拠点を設立
2014
医薬品販売地域を21カ国追加

2015

Speciality Focus Phase

2015
中国に拠点を設立
2016
麻酔薬の製造販売権を承継

JAPAN

2013.8

アスペンジャパン設立

2015.7

医薬品の製造販売開始

アリクストラ、アルケラン、イムラン、デカドロン、トランデートを承継・販売移管し、医薬品の製造販売を開始

2015.8

フロリネフ承継

2016.7

バラシクロビルAG発売

2016.9

パロキセチンAG発売

2017.1

スマトリプタンAG発売

2017.7

麻酔薬承継

ディプリバン、アナペイン、カルボカイン、キシロカイン、マーカインの5製品を承継・販売移管

2017.9

抗生剤、抗悪性腫瘍剤承継

アセチルスピラマイシン、パセトシン、アドリアシン、ダカルバジンの4製品を承継・販売移管

ビジネスの構造

Business Model アスペンジャパンは特許が切れた先発医薬品、
特にエッセンシャル・メディスンの承継に重点を置いています。

先発医薬品

特許切れ後

特許切れ後

2つのカテゴリーに分類

  • 先発医薬品

    ジェネリック無

    ジェネリック有(長期収載品)

  • ジェネリック医薬品

    オーソライズド

    ジェネリック(AG)

    一般のジェネリック

アスペンジャパンは
特許切れ先発医薬品、
AGに注力します。

アスペンジャパンの
承継に対する姿勢

円滑な承継

各種のリスク管理により、
円滑な承継プロセスを
ご提案します。

柔軟な組織体制

承継する製品に合わせて
製造体制や情報提供体制など、
適切な組織体制を構築します。

カスタマー
サービス

全てのステークホルダーの方々に
承継時に必要な情報提供と、
サービスレベルの維持が
できるように努めます。

品質の管理

継続して高い品質を担保しつつ、
改善が必要な場合には、
積極的に取り組みます。

安定供給

製品のみならず、
サプライヤーとの関係も
最高水準で承継し、
日々協働することにより、
安定的な供給体制を
構築しています。

医薬品情報の
提供

MRや専門領域担当者、
カスタマーセンター、
Webサービスを通じて
情報提供活動を
行っています。

Aspen’s Essential Medicines これらエッセンシャル・メディスンの
成長に注力しています。

麻酔領域

  • アナペイン
  • カルボカイン
  • キシロカイン
  • ディプリバン
  • マーカイン

AG(オーソライズド・ジェネリック)

オーソライズドジェネリックは、
先発医薬品メーカーから許諾を
受けたジェネリック医薬品であり、
原薬や添加物、そして製造方法などが
先発品と同一の医薬品です。

  • スマトリプタン
  • バラシクロビル
  • パロキセチン

長期収載品

  • アドリアシン
  • アリクストラ
  • アルケラン
  • イムラン
  • デカドロン
  • パセトシン
  • フロリネフ
  • ほか

Company Profile 会社概要

アスペンジャパン株式会社

〒102-0073
東京都千代田区九段北1-8-10
住友不動産九段ビル9階

2013年8月

代表取締役社長 岩本 紳吾

医療用医薬品の製造・販売など

U R L

www.aspenpharma.co.jp

4億9,000万円

東日本物流センター:
埼玉県八潮市西袋

西日本物流センター:
大阪府茨木市藤の里